• 藤田 ハルノ

    Haruno Fujita

     

    コミュニケーションファシリテーター

     

    「私は本当はいま何を感じてるのか、それを表せているのか」

    「この人は本当は何を伝えたいのか」

    「私とこの人、あるいは、あの人とその人はたしかに話しているようにみえるけど、本当に伝え合っていることはなんだろう」

     

    そんな風に、コミュニケーションのもどかしさと

    苦闘してきた人生でした。

     

    新卒で勤めた銀行を退職した後、コンサルティング会社に勤めました。その後、ハードワークに倒れ、死ぬ前にしたいと思っていた海外滞在をすべく、私費留学でイタリアへ。

     

    美と生がそこかしこでぎらめくイタリアの風土と文化をたっぷり浴びながら、世界中から集まった若きデザイナーたちと切磋琢磨して、ブランドづくりを学びました。

     

    いまは、少しでも自分がたのしく、らくに、能力を生かして働けること、そして、それがもしも幸運なことに、同じく生きづらい
    誰かのためになったなら有り難いと思いながら、働いています。

     

    先人の智恵や体験談を尋ねながら、ことばとこころとからだとその先の無意識まで含めた存在の全体性を探求中です。
     

    株式会社エリオス パートナー
     

    国際基督教大学 教養学部 国際関係学科卒

    ドムスアカデミー ビジネスデザイン修士

    シューマッハカレッジ トランジションデザイン修了

    すべての投稿
    ×